土屋記念クリニック、青葉区、あざみ野駅、内科、放射線科土屋記念クリニック

【ドクターズインタビュー】第1回 出会い ゆうあいクリニック片山理事長×石田院長

こんにちは、医療法人社団 ゆうあい会理事長の片山敦です。当法人にはゆうあいクリニック、ゆうあいクリニック台場、そして新しく土屋記念クリニックという3つのクリニックがあります。当然医師もたくさんいらして、常勤だけで10名(出身大学は地元横浜市立大学の4名を筆頭に、旭川医科大学、福島県立医科大学、群馬大学、山梨大学、そして今回仲閒に加わられた石田先生の熊本大学と、全国バラエティーに富んでいます)。その他に非常勤21名の先生方を加えた全部で31名の大所帯です。2004年のゆうあいクリニック開院以来、永らくPET-CTによるがん診断を中心に据えて活動をしてまいりましたが、2020年5月、コロナ禍の真っ最中ではありましたが、ゆうあい会 初の内科一般クリニックとして、田園都市線/横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野駅から至近の距離に、横浜市大の大先輩である土屋正彦先生の遺志を継いで「土屋記念クリニック」を開設し、初代院長に石田仁也先生が就任されました。

 

今回の対談は5回の予定です。まずは石田先生と私の出会いの場面から。

 

片山: 石田先生とはじめにお会いしたのは、子供たちの小学校の卒業式ですよね(笑)。

石田: そうですね、まずクラスで片山先生の3男さんとうちの長男が仲良くなって、それから妻同士が仲良くなってお茶をするようになったようです。

片山: 私も妻からその話を聞いて、「若くて優秀そうな先生だからぜひ会ってみたい」と機会をうかがっていたのですよ。

石田: そして卒業式ね(笑)、原則そのまま一緒に中学校に上がりますから、これからも関係は終わりませんしね。

片山: その後お忙しい石田先生にお時間を取っていただいて、えっと、東京駅近くのホテルですね。何回かお会いして、私たちのこれまでのあゆみ、新しいビジョンについて力を込めてご説明したつもりなのですが・・・。

石田: 正直疲れていてあんまり何を伺ったか覚えていないんですよね。大学に勤めていた晩年は、本当に非常に疲れていましたね(笑)。一番忙しい年代ですね。大学のなかで・・・。

片山: そうですよね。こき使われますよね、そしてその頃はコロナもあり。当時いらした慈恵医大病院はコロナ診療拠点病院だったんですよね。ブルーインパルスの「医療従事者の皆様ありがとうフライト」もしっかり慈恵医大病院の上を飛んでいましたよね。

石田: 見ました、見ました。

 

では次回は石田先生が実際にお仲間になって、早速大活躍をされる様子をお伝えしたいと思います。