土屋記念クリニック、青葉区、あざみ野駅、内科、放射線科土屋記念クリニック

ごあいさつ

院長ごあいさつ

皆様、初めまして。土屋記念クリニック院長の石田仁也です。
私は熊本大学卒業後、東京慈恵会医科大学とその関連病院に16年間勤務し、消化器・肝臓領域を中心とした幅広い一般内科診療に従事して参りました。大学では特に肝臓領域において、専門医として慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌等に対する最先端の治療を行って参りました。
近年、医療という世界で私が社会貢献していくためにこれからすべきことは「地域医療」ではないかと考えていた際、ご縁がありまして、横浜市立大学出身の故土屋正彦先生の「土屋内科クリニック」を引き継がせていただくこととなりました。地域医療の第一線でご活躍されてきた土屋先生の思いを受け継ぎたいと考え、「土屋記念クリニック」として再開することにいたしました。当院では消化器・肝臓領域のみならず、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の治療と予防を含めたプライマリ・ケアを提供していきたいと思っております。また、北新横浜「ゆうあいクリニック」と提携し、MRI、CT、PET-CT等による画像診断を行い、がんの早期発見にも努めて参ります。
東京慈恵会医科大学の理念である「病気を診ずして 病人を診よ」は、病んでいる「臓器」のみを診るのではなく、病に苦しむ人に向き合い、その人そのものを診ることの大切さを表しています。この理念をモットーに、これまで私が大学で培ってきた経験、知識、技術を生かし、今後は地域医療という形で皆様に貢献していきたいと思っております。スタッフ一同、親切で心のこもった医療を提供していくことを心がけて参ります。
どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。よろしくお願いいたします

院長
石田 仁也 (いしだ じんや)
略歴
東京都出身
1995年3月 ラ・サール高等学校卒業
2004年3月 熊本大学医学部医学科卒業
2004年4月~2006年3月 東京慈恵会医科大学附属第三病院研修医
2006年4月~2007年3月 東京慈恵会医科大学附属病院内科レジデント
2007年4月~2008年3月 国立病院機構西埼玉中央病院 消化器科
2008年4月~2010年10月 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科
2010年11月~2013年3月 国立病院機構西埼玉中央病院 消化器科
2013年4月~2020年3月 東京慈恵会医科大学 内科学講座 消化器・肝臓内科助教
2020年4月 医療法人社団ゆうあい会 理事就任
2020年4月 医療法人社団ゆうあい会 土屋記念クリニック院長就任
資格
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本医師会 認定産業医
難病指定医
所属学会
日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本門脈圧亢進症学会、日本成人病(生活習慣病)学会、日本人間ドック学会

前院長紹介

・・・奥様から土屋先生の思い出をうかがいました・・・

Q.土屋正彦先生のお人柄について教えて下さい。

A.優しい先生で、患者様の心の悩みも相談にのっていました。教員時代の教え子にも、人生相談にのっていました。朝は、早く、6時半ごろ出勤し、医院周囲のお掃除をしていました。

Q.土屋内科クリニック開院の思いはどんなものだったのでしょう?

A.院長となって、3年間は、お正月も含め、1日も休まず、365日診療していました。
開院後、芋煮会やバーべーキュー会を行い、近隣の皆様、お子様、クリニックの職員の皆様も楽しく、すごされたようです。病気のみならず、日頃の生活等全般についても、話をする院長でした。

Q.日々の診療において大事にされていたことはどんなことでしたか?

A.患者様と気持ちの通じた診療を、心がけていました。院長は、医療で、お金儲けしては、いけないといっていました。患者様の負担にならないように、迅速に診察、検査、治療を行うことを心がけていました。診療開始の午前9時前でも、患者様が、来院されるので、8時半には、診察を始めていました。

Q.診療以外のご実績について教えて下さい。

A.専門分野は消化器内科学です。1986年4月に、反転小腸からのブドウ糖吸収を連続的に観察しうる方法を開発し、「各種高糖質食のブドウ糖吸収における影響」という論文で横浜市立大学優秀論文賞を受賞しました。同年横浜市立大学で医学博士を取得しました。
1989年から1990年に、F.Hoffman La Roche中央研究所(スイス・バーゼル市)で「全胚および胚細胞の機能を指標にした医薬品等の安全性評価に関する研究」を行い、国際誌3報を発表しました。

・・・ありがとうございました・・・


土屋 正彦 (つちや まさひこ)
学歴・学位
1972年4月 横浜市立大学医学部入学
1978年4月 横浜市立大学付属市民医療センター 臨床研修医
1980年4月 横浜市立大学付属市民医療センター 第3内科 常勤診療医
1982年6月 横浜南共済病院
1983年6月 横浜市立大学付属市民医療センター 第3内科 研究に従事
1986年6月 横浜えき済会病院
1987年4月 日本鉄道共済組合
1988年1月 医療法人栢堤会 戸塚共立病院
1989年〜1990年 F.Hoffman La Roche 中央研究所(スイス バーゼル市)留学
1990年3月 医療法人 社団大坪会 三軒茶屋病院
1991年8月 土屋内科クリニック 院長
2018年10月14日 死去
専門分野等
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
JR東京総合病院消化器内科非常勤講師
横浜市立山内小学校校医(内科)を25年間勤め、表彰される。
1986年4月 横浜市立大学優秀論文賞
医学博士
地域医療に勤め、多くの患者様に、赤ひげ先生として、慕われる。

医師紹介

金曜日の診察を担当します。

医師
片山 敦 
略歴
静岡県出身
1996年横浜市立大学医学部卒業
・川崎協同病院臨床研修医
・愛育会協和病院内科
・千歳船橋クリニック院長 等を経て
2003年医療法人ゆうあい会理事長 現在に至る
2004年ゆうあいクリニック(横浜市港北区)開設
2014年ゆうあいクリニック台場(東京都港区)開設
2020年土屋記念クリニック(横浜市青葉区)開設
学会・資格等
・日本医学放射線学会会員
・日本核医学会会員
・日本内科学会会員
・日本乳癌学会会員
・日本医師会認定産業医
・神奈川県医師会代議員
・横浜市医師会代議員
・横浜市港北区医師会理事
・横浜市介護認定審査会審査委員

医師紹介

放射線診断医として画像診断を担当します

医師
小澤 幸彦 
略歴
東京都出身
1985年 旭川医科大学医学部卒業
・横浜市立大学医学部附属病院臨床研修医
・七沢リハビリテーション病院放射線科
・NTT東日本関東病院放射線科
・横浜市立大学医学部放射線科講師・医局長 等を経て
2005年ゆうあいクリニック 院長 現在に至る
学会・資格等
・医学博士
・検診マンモグラフィ読影認定医
・日本医師会認定産業医
・日本医学放射線学会会員
・日本医学放射線学会放射線診断専門医
・日本核医学会会員
・日本核医学会専門医
・日本核医学会PET核医学認定医
・日本脳ドック学会会員
・横浜市立大学医学部非常勤講師